富士フイルム西麻布内視鏡クリニック

03-6418-2271 電話受付9:00~17:00 日・祝日を除く

胃内視鏡検査

上部内視鏡検査について

いわゆる胃カメラ検査です。上部内視鏡検査は、細いスコープを鼻あるいは口から挿入して、直接食道・胃・十二指腸を観察します。ピロリ菌の感染や、胃・十二指腸潰瘍、胃がん・食道がんなどがないかを診断する検査です。

従来は口から内視鏡を挿入する「経口内視鏡」しかありませんでしたが、今では鼻から入れる「経鼻内視鏡」があり、体に負担の少ない方法で検査ができるようになりました。いずれの方法の場合でも異常を見つけた場合には組織検査をして調べることができます。また検査が苦手な方には鎮静剤の注射を行い、苦痛と緊張を和らげて検査を行うことが可能です。

経鼻内視鏡検査(細径内視鏡検査)について

先端の直径が5.8mmと非常に細く、鼻から挿入することができます。舌の奥を押さない角度で入っていくので、検査中のオエッとなる嘔吐反射が軽く苦痛の少ない検査です。鼻が狭い方はこのスコープを口から入れることも可能です。

経鼻内視鏡検査(細径内視鏡検査)について

経口内視鏡検査について

従来の太さのスコープを口から挿入する最も精度の高い検査です。がん発生のリスクが高い方などにはおすすめします。経鼻内視鏡検査よりも苦痛が大きいので鎮静剤を注射して検査を受けることをおすすめします。

経口内視鏡検査について

鎮静剤について

緊張と苦痛を和らげて、検査を楽に受けるための注射です。薬の効き具合は個人差があり、人によって「ぼんやりしている」「うとうとしている」「ぐっすり眠ってしまう」状態になります。検査後は少なくとも30分以上は院内で休んでいただきます(場合によっては1時間以上休むこともあります)。当日は自動車・バイクなどの運転はできません。また眠気が続くことがありますので直後に重要な会議などの予定は入れないでください。