富士フイルム西麻布内視鏡クリニック

03-6418-2271 電話受付9:00~17:00 日・祝日を除く

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査について

日本では大腸がん、大腸ポリープ、大腸炎といった腸の病気が増えています。日本人の死亡原因の1位はがんによるものですが、その中でも大腸がんで亡くなる方は多くを占めています(男性では3位、女性では1位)。しかしかなり進行するまで症状が出ないために、なかなか自分で気がつくことはありません。

大腸内視鏡検査は直接腸の粘膜を観察し、大腸がんを早期に見つけ出すことができる最も診断能力の高い検査です。また、良性の大腸ポリープの段階で見つけて内視鏡で治療すれば、将来の大腸癌の予防につながることもわかっています。

当院ではできるだけ苦痛の少ない大腸内視鏡検査をするように心がけております。また大腸ポリープの治療も行っておりますのでご相談ください。

このような方に大腸内視鏡検査をおすすめします
  • 便潜血検査が陽性だった方
  • 以前大腸にポリープがあると言われた方
  • 家族に大腸がんになった人がいる方
  • 便通に異常がある方(便秘、下痢、便秘と下痢を繰り返すなど)
  • 便に血が混じる方
  • 50歳以上の方
大腸内視鏡検査の流れ
  • 1.前日

    昼食から検査食を食べてください。夕食は早めに済ませて検査用の下剤を飲み、ある程度便を出しておいてください。

  • 2.血圧測定

    来院後血圧を測定します。
    午前10時30分から11時頃

  • 3.問診

    体調は問題ないか、前日の下剤で便が出たか、などの問診を行います。

  • 4.洗腸剤内服

    検査用の洗腸剤(下剤)を1リットル~1.5リットル飲んでください。

  • 8.検査中

    肛門から内視鏡を挿入し、盲腸(大腸の一番奥)まで入れてからゆっくりと抜いてきます。ご自分の腸の中をモニターで見ながら検査を受けられます。通常の検査は15分~20分位で終了します。

  • 7.点滴と注射

    点滴をとり、気持ちをリラックスさせて痛みを抑える鎮静剤の注射をします(希望のある方)。

  • 6.着替え

    検査着に着替えてください。検査用のパンツをはきますので、検査中お尻が見えることはありません。

  • 5.お手洗い

    何度もお手洗いに行って便を出し、腸をきれいにしてください。

  • 9.休養

    検査終了後はゆっくりと休養していただきます。

  • 10.結果説明

    写真を見せながら検査結果を説明します。
    午後3時30分~4時頃

大腸内視鏡検査の予約方法

事前に一度外来を受診の上、検査の予約をしてください。

(外来の受診も予約制なので、お電話で予約をとってからご来院ください。)

外来受診時には日頃飲んでいる薬の一覧表(お薬手帳など)をお持ちください。