富士フイルム西麻布内視鏡クリニック

03-6418-2271 電話受付9:00~17:00 日・祝日を除く

医師の紹介

ごあいさつ

日本では胃がんや大腸がんにかかる方が大変多く、死因の上位を占める状況が続いています。胃がん・大腸がんは早めに見つかればほぼ全例完治ができる癌なのですが、初期には症状が全くないために自分で気がつくことはありません。早期に発見して治療するためには内視鏡検査を受けることが最も有効です。

また将来がんになるリスクは人によって異なります。胃がんの原因はほとんどがヘリコバクターピロリ菌の感染によるものなので、ピロリ菌に感染している人はできるだけ早い段階で除菌治療を受けてください。また大腸ポリープを多く持っている方は将来大腸がんになるリスクがやや高いので、ポリープを治療することが大切です。

がんを早期に発見すること、そして将来のがんを予防することに力を入れ、苦痛ができるだけ少ない検査を心がけております。皆さんに安心して内視鏡検査を受けていただき、ご自分の胃や腸の健康状態を知っていただきたいと考えております

センター長  横山 知子

略歴
  • 1990年 横浜市立大学医学部卒業
  • 1990年~横浜市立大学付属病院
  • 1992年~神奈川県立足柄上病院内科
  • 1994年~秦野赤十字病院消化器科
  • 1996年~片倉クリニック
  • 2000年~富士フイルム健康管理センター
  • 2014年7月より現職
所属学会等

医学博士

学会認定医

  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会関東支部会評議員
  • 日本内科学会専門医・認定医
  • 日本消化器病学会認定医
  • 日本消化管学会 胃腸科認定医
  • 日本ヘリコバクターピロリ学会認定医
  • 日本医師会認定産業医