富士フイルム西麻布内視鏡クリニック

03-6418-2271 電話受付9:00~17:00 日・祝日を除く

ピロリ菌検査

ピロリ菌について

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の粘膜に生息している細菌です。この菌に感染している人はほとんどの場合症状がないために自分で気が付くことはありませんが、中にはピロリ菌が原因で胃・十二指腸潰瘍や、胃がんにかかる方がいるということがわかっています。

乳幼児期にピロリ菌が口から入ってくると胃の粘膜に感染し、その後長い期間棲み続けてしまいます。感染率は上下水道が十分に完備されていなかった時代に生まれた団塊の世代以前の人では約80%と高く、若い世代では年々低下してきていますが、現役世代でも今なお3割ほどの方が感染しています。

日本人は胃がんになる人が多く、年間5万人の方が胃がんで亡くなる状況が続いています。胃がんの原因の多くがピロリ菌の感染であることがわかっており、ピロリ菌に感染している人は除菌することである程度胃がんを予防することが可能です。またその予防効果はできるだけ早い段階で除菌する方が高いと考えられています。現在国を挙げてピロリ菌感染を撲滅し、ひいては胃がん死亡の撲滅が取り組まれています。

胃内視鏡検査を受けた結果、ピロリ菌の感染が疑われる方はその日のうちに感染の有無を調べて除菌の薬を処方することが可能です(結果が当日すぐに出ない場合もあります)。是非ご自分の胃にピロリ菌が感染しているかどうかを知っていただきたいと思います。

ピロリ菌に感染している人の割合
ピロリ菌に感染している人の割合