内視鏡検査

上部内視鏡検査(胃カメラ)について

上部内視鏡検査は細いスコープを鼻あるいは口から入れて、直接食道・胃・十二指腸の中を観察する検査です。胃がん・食道がんがないか、ピロリ菌に感染していないかなどを診断する検査です。異常が疑われた場合には一部をサンプリングして検査する組織検査も同時に行います。

上部内視鏡検査でわかる主な疾患

  • 胃がん
  • 食道がん
  • バレット食道腺がん
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胃・食道粘膜下腫瘍
  • 逆流性食道炎
  • ヘリコバクターピロリ感染胃炎 など

上部内視鏡検査

経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)

経鼻用のスコープは先端が5.8mmと非常に細いため鼻から入れることができます。鼻から入れるとスコープの先端が舌の奥を強く押さないで入っていくので、オエッとなるおう吐反射が抑えられ最も苦痛の少ない検査方法です。

富士フイルム社製の最新鋭の経鼻用スコープはその細い径にもかかわらず、視野が広く明るく、非常に画像がきれいです。精度の高い検査を苦痛が少なく受けることが可能となり、多くの方におすすめできます。

検査前にまず薬を塗ったスコープと同じ太さの軟らかいネラトンチューブを鼻に入れて、スコープが通るかどうか事前に確かめます。いきなりスコープを鼻に入れませんので安心してください。

鼻が狭くてスコープが通らない方は、そのまま口からの挿入に切り替えます。

またいくら経鼻内視鏡でも喉や鼻が敏感な方は苦痛がある場合も少なくありません。その場合には鎮静剤の使用をおすすめしています。

鼻からの胃内視鏡

経口内視鏡

従来の太さのスコープを口から入れて検査する方法です。このスコープには画像を拡大できる機能がついており、胃や食道で異常が疑われた所をズームアップして観察できるため最も精度の高い検査が可能です。胃がんや食道がんのリスクが高い方にはこちらの検査をおすすめすることがあります。

太いスコープを口から入れるため、どうしてもスコープが喉を通る時の苦痛は強くなりますので、ほとんどの場合鎮静剤を十分に使用して眠ったような状態で施行しております。

尚、経鼻用の細いスコープを口から挿入する場合もあります。

口からの胃内視鏡

胃カメラのスケジュール

予約

電話で予約可能です。事前に受診しなくてもかまいません。

検査の準備

  1. 前日は夜8時位までに夕食を済ませてください。
  2. 当日は朝から何も食べないでください。水分制限はありませんので脱水にならないように水分はしっかりとってください(色のついていない透明な飲料)。
  3. 血圧、循環器、精神科の薬を飲んでいらっしゃる方はたっぷりの水分で飲んでください。糖尿病の薬(インシュリン、内服薬)は当日朝はお休みください。その他の薬は主治医の先生に相談してください。

検査が午後からの方は少し内容が変わります。

来院後

  1. 血圧測定後、当日の体調や最近の胃の調子などを問診します。
  2. 喉の麻酔をします。
  3. 胃カメラ検査を行います(所要時間5分~15分)
  4. ① 鎮静剤を使わない方
    検査後すぐに結果を説明します。(院内滞在が約40分~1時間)

    ② 鎮静剤を使用する方
    検査後休養してもらいます(30分~1時間)。休養後結果を説明します。(院内滞在が約1時間~2時間半)

ピロリ菌の治療まで行う方はさらに時間がかかります。

診療日カレンダー

« 2019年4月»
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
  • 休診日
  • 午後休診
  • 外来休診
午前 内視鏡検査(上部)09:00 ~ 12:00
午後 内視鏡検査(上部・下部)13:30 ~ 15:30
外来(胃腸科・内科)16:00 ~ 17:00

ご予約方法

受診対象者
富士フイルムホールディングスグループ社員、家族、退職者の方 他はご相談ください。

ご予約・お問合せはお気軽に♪ 03-6418-2271 電話受付 9:00~17:00(平日)

よくお寄せいただくご質問とその答えをまとめております。お問い合わせの前に、ご一読ください。>よくある質問