内視鏡検査のご案内

内視鏡検査

内視鏡検査のご案内

内視鏡検査について

内視鏡検査は大腸、胃、食道の中を直接観察してわずかな異常でも見つけだすことができるため、従来のバリウム検査に比較して早期がんの発見に大変優れた検査方法です。内視鏡検査は苦しいという印象をお持ちの方も多いと思いますが、当院では確かな内視鏡技術と最先端の機器を使用し、適切な鎮静剤を使用することで苦痛がより少ない検査を心がけています。

  • 当院では富士フイルムの先進技術を搭載した内視鏡システムを採用しています。
  • 感染症管理のため自動洗浄消毒器で日本消化器内視鏡学会ガイドラインが定める高水準消毒を行い、鉗子類は全てディスポーブル製品を使用しております。
  • 検査中のお腹のはりを抑えるため、胃カメラ検査・大腸検査で二酸化炭素を使用しています。
富士フイルム内視鏡システム

上部内視鏡検査(胃カメラ)について

上部内視鏡検査は細いスコープを鼻あるいは口から入れて、直接食道・胃・十二指腸の中を観察する検査です。胃がん・食道がんがな・・・

詳しくはこちら

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査は径1cm位のスコープを肛門から入れて大腸の一番奥まで挿入し、引き抜きながら大腸の中にポリープ、がん、炎症・・・

詳しくはこちら

下剤について

精度の高い大腸内視鏡検査を行うためには大腸の中にたまっている便をきれいに出す必要があります。そのためには腸管洗浄液と呼ば・・・

詳しくはこちら

鎮静剤について

鎮静剤とは検査を苦痛なく受けるために使用する注射剤で、痛み止めの作用や眠くなる作用があります。鎮静剤を注射すると緊張が和・・・

詳しくはこちら

消化管(胃・大腸・食道)がんについて

胃がんや大腸がんなどの消化管のがんは日本ではとても多いがんです。 かつては胃がんが非常に多かったのですが最近は全体的に減・・・

詳しくはこちら

胃がんについて

日本では元々胃がんにかかる方が非常に多く、世界的にも胃がんが多い国として有名でした。胃がんの原因はほとんどがヘリコバクタ・・・

詳しくはこちら

大腸がんについて

最近の日本では大腸がんにかかる人が増えており、男女合わせると最も頻度の高いがんです。また亡くなる方も多く、がん死亡原因の・・・

詳しくはこちら

食道がんについて

食道がんは胃がん、大腸がんに比べて多くありませんが、食道の壁は薄くて進行が速いため、より早期に見つけだす必要があります。・・・

詳しくはこちら

ピロリ菌について

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)は胃の粘膜に生息している細菌です。乳幼児に感染するとほぼ生涯にわたって感染が続き、胃・・・

詳しくはこちら

診療日カレンダー

« 2019年6月»
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456
  • 休診日
  • 午後休診
  • 外来休診
午前 内視鏡検査(上部)09:00 ~ 12:00
午後 内視鏡検査(上部・下部)13:30 ~ 15:30
外来(胃腸科・内科)16:00 ~ 17:00

ご予約方法

社外の一般の方も受診できます。
お気軽にお電話下さい。

ご予約・お問合せはお気軽に♪ 03-6418-2271 電話受付 9:00~17:00(平日)

よくお寄せいただくご質問とその答えをまとめております。お問い合わせの前に、ご一読ください。>よくある質問