内視鏡画像診断支援システム CAD EYE を導入しました | お知らせ・トピックス | 富士フイルム西麻布内視鏡クリニック

お知らせ・トピックス

内視鏡画像診断支援システム CAD EYE を導入しました

投稿日:2020年12月3日

AI技術を用いて大腸内視鏡検査における大腸ポリープの検出と診断を支援する「CAD EYE 」を全国に先駆けて導入しました。大腸内視鏡検査ではひだに隠れたポリープや平坦な形のポリープを見つけにくいことが大きな課題でした。「CAD EYE」システムは大腸ポリープなどの病変の検出および鑑別をサポートする内視鏡診断支援機能です。

通常観察では周囲粘膜に同調してポリープを見つけにくい

CADEYEを使用するとポリープを青枠で囲って知らせてくれる

LCIモードにするとよりポリープが強調される

BLIモードで表面を拡大して観察するとポリープの診断までできる